Home  >  ブログ:blog

カレンダー

<< October 2016 >>
SunMonTueWedThuFriSat
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     

記事検索

IT&ウェブデザインに関することを綴っていきます。MatDesignブログ!

Google Chrome ダウンロード ブラウザIEからの乗り換え

[IE対策関連]  2014.05.06 Tuesday
Google Chrome ダウンロード ブラウザIEからの乗り換え

昨今、巷を賑わせている(?)Internet Explorer(IE)
ですが、ここでも何度も互換表示や表示対策方法などをとりあげてきました。

開発者や技術者など、パワーユーザーでIEをメインに使用している人は
ほとんどいないのですが…

最初から入っているブラウザ以外を
自分でダウンロード〜設定

っという作業をするという事自体一般的じゃないようで…(?)
わたしのお客さまにも、他のブラウザをいつも薦めてはいるのですが、
なかなか自分でやるとなると、敷居が高いみたいです。


やってみると、そんなに難しくはないんですけどね(^-^)

ということで
本日は、Googleのブラウザ『Chrome』のダウンロード・インストール方法!

◎→Chromeのダウンロード画面よりインストーラファイルをダウンロード


ダウンロードボタンを押し、
「同意してインストール」をクリック。

「Google Chrome を既定のブラウザとして設定する」は
チェックが入ったままの方がよいですね。
(既定のブラウザにしたくない場合は、チェックを外します)
これは、後から変更可能です。

・ユーザーアカウント制御画面で、変更許可を求められますので、
「はい」を選択します。
・実行しますか?の選択画面では、実行ボタンをクリック。
この2つの作業は、使用OSによって表示されない場合があります。

その後、自動的にインストールが始まります。


とりあえず、これでインストールは完了〜!
簡単、簡単( ^-^)


この後は、Chromeの設定を自分なりに使いやすいように
変更したりできます〜

◎Chromeの設定

googleアカウントと連動したい場合は、
ログインしてから設定を行ったりもできます。
とりあえず、アカウント無しで設定したいーという場合は、
スキップします。

・検索設定
chrome2.jpg
虫眼鏡マークのところで、普段の検索ができます。
アドレスが表示される部分と同じ場所ですね。
初期状態では、google検索になっていますが、
使用する検索エンジンを変更したい場合は、「変更」を押します。
(後で変更することも可能)

・ブックマークをインポート
chrome3.jpg
IEで使用していたブックマークをそのまま使いたい場合は、
「インポート」を押します。(後ですることも可能)
chrome4.jpg
インポートしたい項目にチェックを入れ、インポート。
chrome5.jpg
インポート完了画面で、
「ブックマークをつねに表示する」にチェックを入れると
メニューバーにブックマークが表示されます。

chrome7.jpg
右メニューから選ぶことも可能

・タブで画面表示が変わります

設定を行いたい時は、設定画面により変更します。
右メニューから、「設定」を選ぶと設定画面になります。

・ブックマーク方法
chrome8.jpg
アドレスバー右の☆アイコンを押すと、現在表示されているサイトの
ブックマークができます。


基本は、上記のような感じで使用できれば
問題ないと思います〜(^-^*)
後は、慣れるまで使ってみるのが一番ですね♪



今日もありがとう♪
 
スポンサーリンク

IE11の互換表示設定方法:ホームページの不具合が発生したら…

[IE対策関連]  2014.03.26 Wednesday
以前、「IE10で表示が崩れるサイトを見るときの対処方法
を書きましたが、

最近またお客さまの問い合わせが増えてきました…
『ブログの投稿がきないんですけど〜(>_<)』
『ちゃんと表示されていないサイトがある』
などなど。。

今回は、みなさんIE11を使用(..;)

IE10での対処方法と異なるので、
あらためて書いておきます〜

■IE11の互換表示設定方法

右上のツールメニュー(歯車アイコン)から
『互換表示設定』を選びます。


追加するwebサイト欄に
うまく表示できていないHPのURLを記入し、追加ボタンを押します。


互換表示に追加したwebサイトに追加されますので、
閉じるボタンを押して完了です〜(*^^)v


問い合わせがあった時に、
最近ブラウザをIE11にアップデートしましたか〜?
と聞いてみると…
した覚えがないんですけど〜〜(ーー;)
という方がほとんど…

自動アップデートですね。。(-.-)

勝手にアップデートされたくない時は、
こちらの設定をお忘れなく〜!↓


ツールメニューから「バージョン情報」を選択
「新しいバージョンを自動的にインストールする」のチェックをはずして
閉じるボタンを押します。

これで、知らないうちにアップデートされることはなくなります〜(^_^;

html5の文法チェックはAnother HTML-lint 5

[おすすめツール]  2014.03.08 Saturday
html作成をした後は、必ず文法チェッカーで確認していますが、
最近は、HTML5で組んでいく事が増えてきました。

そこで…
以前『HTMLの構文チェック』の記事で紹介した
「Another HTML-lint gateway」

こちらのHTML5バージョンがお薦め♪

Another HTML-lint 5


URLを指定してもよいし、ファイルを指定したり、
ソースを貼り付けてチェックしてもOK!
とっても便利なサイトです('-'*)

ちなみに、chromeの開発者ツール(F12キー)でも
エラーチェックはできます〜
(HTML-lintみたいに細かくエラー内容はわかりませんが)

今日もありがとう♪

404エラーページの作成〜存在しないURL対策

[SEO:Tips]  2014.03.03 Monday


アドレスを間違って入力した時や、
ブックマークしたページが削除されていた場合など…

「Not Found」
ページが見つかりません。

というような、エラーページが表示されることがありますよね?

これは、存在しないURLにアクセスした場合のエラーで、
404エラー(ファイルがありません〜)
というエラーになります。

システムから出される、またはサーバーのエラーページを見ると、
なんか…テンションが下がる。。
というか、ドキッとするので(^_^;

サイト作成をする時は、このページも
自作しておいた方がよいです〜

●404エラーページのカスタマイズ方法
1.「.htaccess」ファイルの更新
.htaccessファイル(*1)に下記の記述を追加し、アップします。

ErrorDocument 404 /404.html

"404.html"のファイル名はお好みで変えて下さい。
404.phpでも、error.htmlでもよいです〜
相対アドレスで指定します。(http://〜での指定はしない)

2.404.htmlの作成
404.htmlページを自由に作成し、アップします。
検索ボックスを付けたり、トップページへの誘導リンクを付けてもよいかも?
これで、完了です。簡単!(*^ー゜)

わたしは、Googleウェブマスターツール(*2)の「404ウィジェット」を使用しています。
こんな感じ↓


『404ウィジェットコード』

<script type="text/javascript" src="http://linkhelp.clients.google.com/tbproxy/lh/wm/fixurl.js"> </script>
<script type="text/javascript">
  var GOOG_FIXURL_LANG = 'ja';
  var GOOG_FIXURL_SITE = 'http://www.example.com'
</script>
<script type="text/javascript"
  src="http://linkhelp.clients.google.com/tbproxy/lh/wm/fixurl.js">
</script>

http://www.example.comは自分のサイトアドレスを指定します。 *1「.htaccess」ファイル .htaccessというファイル名で サーバールート(トップページが置いてある場所)にアップします。 テキストエディタによっては、.htaccessというファイル名で保存できない場合があります。 その場合は、htaccess.txtで作成し、 アップ後にファイル名を.htaccessにリネームしてください。 *2 Googleのアカウントを持っていない場合は、登録した方がよいです〜 「Google基礎:Googleアカウントの作成」 「SEO:XMLサイトマップ作成今日もありがとう♪

レンタルサーバー 比較:小〜中規模サイトの場合

以前、「おすすめレンタルサーバー:小規模会社さんの場合」という記事を書きましたが、
今回は、小〜中規模でレンタルサーバーを考えているのだけれど…
どれにしたらよいのか…?
と迷ってる場合の参考に、プランと機能をピックアップしてみました。

今回は、月額1,000円台、容量200G〜クラスのプランで比較してみます。

比較するサーバー会社は、
エックスサーバー
iCLUSTA+(アイクラスタプラス)
ヘテムル
さくらインターネット
どの会社も信頼おける有名どころで、どれに決めても、極端に大きな差はないんですが…

ただ、それぞれ、「どこに重点を置くか」によって、違いが出てくると思いますー

運営するサイトの特徴によっても、必要とされるポイントが違ってきます。

たとえば…

・ショッピングサイトを運営する場合は、カートシステムが楽に導入できるか?
・写真や動画などをたくさん置く、ギャラリーサイトの場合は、容量重視!
・毎日、大量の記事や画像をアップするサイトの場合は、転送速度が重要…
・ブログ投稿形式で、簡単にサイト更新をしたい場合は、CMS(WordpressやMovableType)が楽に設置できるか?
・コミュニティーやグループウェアを考えている企業は、アプリケーションシステムを導入できるか?
・複数サイトを運営したい場合は、マルチドメインやサブドメインの数

…など、各サイトの性質を考えて選ぶのがよいです〜( ^-^)


■レンタルサーバー比較(2014.2現在)
  エックスサーバー iCLUSTA+ ヘテムル さくらインターネット
プラン X10 レギュラー - プレミアム
容量 200GB 400GB 200.71GB 200GB
初期費用(税込) 3,150円 5,250円 3,950円 1,000円
月額費用(税込)*1 1,050円 1,480円 1,500円 1,250円
マルチドメイン 無制限 90個 無制限 30個
データベース容量*2 30個 60GB 100個 50個
メールアドレス数 無制限 無制限 無制限 無制限
独自SSL*3 21,000円/年 29,925円/年 18,000円/年 無し
CMS簡単インストール MovableTypeOS
WordPress
XoopsCube
osCommerce
ZenCart
PukiWiki
Movable Type 1ライセンス付
WordPress
EC-CUBE
MovableTypeOS
WordPress
XoopsCube
baserCMS
EC-CUBE
PostMail
PukiWiki
カラーミーショップ
MovableTypeOS
WordPress
XoopsCube
バックアップ 過去7日分 データ復旧サービス(オプション) 月額700円(過去7日分) 一定周期
その他特徴 転送量課金なし SLA(品質保証制度)100%保証 WAF
不正なアクセスを検知・ブロック
WAF
不正なアクセスを検知・ブロック
*1 12ヶ月契約の場合(年間一括)
*2 MySQL5
*3 グローバルサイン クイック認証SSLの場合
各金額部分は、消費税5%時点

ピックアップした項目から見ると…

エックスサーバー
料金、機能ともに安定していますね^^
転送スピードが高速というのもこの会社の特徴です。
ただ、ほんとうに大量データを一気に転送したり、
重たいファイルを常に使用したりということが無いのであれば、
それほど気にする項目では、ないと思います。


おすすめレンタルサーバー 『GMOクラウドのiCLUSTA+』
GMOのクラウドレンタルサーバー。
このプランの一つ下に、
「ミニ」プラン200GBがあり、こちらは月額980円とお手軽価格。
ただ、メールアドレス数の制限があったりするので、
選ぶなら「レギュラー」プランがおすすめ。
自社でサイト更新をしていく予定があるなら、
MTの商用アカウント付きは魅力かも?


ヘテムル
こちらもGMOグループのレンタルサーバー。
若干料金が上がりますが、全体的に安定しています。
簡単にインストールできるCMSも多く、
ショッピングカートシステムのカラーミーショップが
無料で使用できるのもあなどれません〜


さくらのレンタルサーバ
コスパ重視!
ただ、少し機能的に落ちる部分も…。
多機能性を考えない場合は、十分?


これ以外にも、たくさんの特徴があり、
それぞれ良い点もあるので、一度機能を確認してみるとよいです〜(^-^)

また、今回は、小〜中規模サイトの場合で考えましたが、
個人事業主の方や、アフィリエイトサイト、ブログ専用にしたい…
などの場合は、ちょっとミニマム(…といっても正直そんなに差がありません)に
したい時は、
ロリポップ!レンタルサーバーがおすすめ!('-'*)

ロリポップ!チカッパプラン特徴
容量:120GB
初期費用(税抜):1,500円(引っ越しの場合は、現在半額キャンペーン中)
月額費用(税抜):500円(12ヶ月一括支払選択時)
データベース:30個
メールアドレス数:無制限
マルチドメイン:100
独自SSL:オプション 月額 1,500 円(税抜)〜
CMS簡単インストール:MovableTypeOS WordPress XoopsCube baserCMS EC-CUBE
その他特徴:WAFを標準装備

…というような感じ。。
容量さえクリアすれば、何気にすごいかも?
ちなみに、わたしは、複数サイト運営・データベースもけっこう設置していますが、
ロリポップ!チカッパプランで今のところ十分足りています(^-^*)

個人で初めて、使用したい…
大量にサイト作成する予定は無い…
という場合は、一つ落とした「ロリポ」プランで試してみるのもよいかも?

プランが複数あるところは、途中で、プランを上げることも可能なので、
最初は、お手軽プランを使用してみてもよいかもしれませんね( ^-^)

また、サーバーを引っ越しするタイミングは、
リニューアル時、または新規制作時がよいです〜^^
サイトボリュームにもよりますが、
ブログ記事などが、かなりの数あったりする場合は、
移行作業って、けっこう大変なので、
通常時に行うと費用がそれなりにかかりますよーd(^_^o)

今日もありがとう♪