カレンダー

<< April 2018 >>
SunMonTueWedThuFriSat
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     

comment

記事検索

favorite



にほんブログ村 IT技術ブログ ホームページ・サイト制作支援へ
にほんブログ村


★Yuu*Style〜フリーランスのあれこれブログ♪

Wordpressのアップグレード(バージョンアップ)方法

[Wordpress]  2013.11.28 Thursday
以前『MovableTypeのアップグレード方法』を書きましたが、
今回はWordpress。

『Wordpressのアップグレード』

1.ディレクトリの保存(FTPにて)
Wordpressが入っているディレクトリをフォルダごと
ローカル(PC)にバックアップします。

2.データバックアップ
データベースのバックアップを取ります。
こちらは、phpMyAdmin(データベース管理システム)などを
使用することになります。
各サーバのコンパネ(コントロールパネル)などにDB管理する
ものがあると思うので、それを利用してください。
*参考はこちら

1,2の作業は、念のための作業で通常はバックアップファイルを戻すことは

ありません。

3.プラグインの停止
管理画面より使用しているプラグインを一旦停止します。



4.Wordpressの更新
新しいバージョンにアップグレードします。

「いますぐ更新」を押すと、自動的に更新が始まります。

5.プラグインの更新
新しいバージョンのプラグインがある場合は、
こちらも更新し、有効化します。

今日もありがとう♪
 
スポンサーリンク

Wordpress基礎:定番プラグイン〜Akismet(スパムコメント防止)

[Wordpress]  2013.08.12 Monday
こちらも定番中の定番。

コメントやトラックバックスパム対策のためのプラグインなので、
設置しておくとよいです〜

初期状態で、インストールがされていると思うので、
プラグイン画面より、有効化しておきましょう〜

但し、使用するには、APIキーの取得が必要になるので、
Akismetのサイトで登録をしておきます。
Akismet

WordPress.comに遷移されるので、そこでユーザ項目を入力します。

次のプラン選択画面では、Parsonalを選択します。

無料で使用する場合は、スライダーを$0に持ってきて、
後は名前を入力します。

CONTINUEを押して完了です。
完了画面もしくは、指定したメールアドレス宛てにAPIキーが送られてきますので、
保管します。

このキーは、複数ブログで使用することができるので、
なくさないようにしましょう〜


あとは、Wordpress管理画面にて、プラグインを有効化し、APIキーを入力します手

今日もありがとう♪

Wordpress基礎:カテゴリの並べ替えプラグイン〜CategoryOrder

[Wordpress]  2013.07.14 Sunday
Wordpressは、通常デフォルトだと、
カテゴリは名前順に並んで表示されます。

好きな順番に並び替えしたい〜という場合…

カスタムメニューを利用する方法もありますが、
定番プラグイン「CategoryOrder」は、すご〜く簡単なので、
お薦めきらきら

管理画面のプラグインから検索して、インストール後、設定を有効化。

投稿メニューに、Category Orderが追加されているので、
そこから、カテゴリの並び替えを行うことができます。
ドラッグで順番を変更〜ニコッ

とっても楽チンです♪


今日もありがとう♪

Wordpress基礎:ヘッダー上部の余白・ツールバー削除

[Wordpress]  2013.05.24 Friday
*覚え書き*
テンプレートをそのまま使用すると、
ヘッダーにツールバーが表示される。

テンプレートをカスタマイズしても、
余白ができてしまう場合。


管理画面のユーザ>プロフィールより
「サイトを見るときにツールバーを表示する」の
チェックを外します〜グー

今日もありがとう♪

Wordpress基礎:定番プラグイン〜contact Form 7

[Wordpress]  2013.05.16 Thursday
先日、WordpressのプラグインTypePad emoji for TinyMCEとWP-PageNavi
紹介しましたが、今回は、「contact Form 7」

お問い合わせフォームは、いつも使用しているものがあって、
それをサイト毎にアレンジして使っているので、
サイトがWordpressの場合でも、通常はcontact Form 7を使っていません…涙

でも、Wordpressでは、やはり便利なプラグインなので、
決まったフォームプログラムが無い場合は、活用するとよいと思います〜笑い

今は、最初から入っているみたいなので、ダウンロードする必要もなく
プラグインの有効化をして、後はカスタマイズ(設定)します。


コンタクトフォーム1(名前変更可)となっている欄のコードを
コピーして、
お問い合わせページ(固定ページなどの)のフォームを表示する箇所にペーストします。


フォーム内容の
各項目については、「タグの作成」により設定ができます。

一度テンプレートを作っておけば、
後で流用もできるので、
最初だけ、ちょっと時間がかかるかもしれませんが、
しっかりテンプレートを作成しておくとよいです〜

メール欄は、メールの内容をカスタマイズします。
メール(2)は、送信者側にもメールを送る場合に活用できます。

入力エラー時などのメッセージもお好みに変更可能です〜

「その他の設定」欄では、
お問い合わせ完了画面に飛ばしたい場合など、
飛び先URLを設定できます。
書き方は、上の画像を参考にどうぞ♪

また、contact Form 7を使用する時は、
「WordPress HTTPS (SSL)」や「wp_replace_domain」などの
SSL用プラグインもお忘れなくニコ