カレンダー

<< April 2018 >>
SunMonTueWedThuFriSat
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     

comment

記事検索

favorite



にほんブログ村 IT技術ブログ ホームページ・サイト制作支援へ
にほんブログ村


★Yuu*Style〜フリーランスのあれこれブログ♪

404エラーページの作成〜存在しないURL対策

[SEO:Tips]  2014.03.03 Monday


アドレスを間違って入力した時や、
ブックマークしたページが削除されていた場合など…

「Not Found」
ページが見つかりません。

というような、エラーページが表示されることがありますよね?

これは、存在しないURLにアクセスした場合のエラーで、
404エラー(ファイルがありません〜)
というエラーになります。

システムから出される、またはサーバーのエラーページを見ると、
なんか…テンションが下がる。。
というか、ドキッとするので(^_^;

サイト作成をする時は、このページも
自作しておいた方がよいです〜

●404エラーページのカスタマイズ方法
1.「.htaccess」ファイルの更新
.htaccessファイル(*1)に下記の記述を追加し、アップします。

ErrorDocument 404 /404.html

"404.html"のファイル名はお好みで変えて下さい。
404.phpでも、error.htmlでもよいです〜
相対アドレスで指定します。(http://〜での指定はしない)

2.404.htmlの作成
404.htmlページを自由に作成し、アップします。
検索ボックスを付けたり、トップページへの誘導リンクを付けてもよいかも?
これで、完了です。簡単!(*^ー゜)

わたしは、Googleウェブマスターツール(*2)の「404ウィジェット」を使用しています。
こんな感じ↓


『404ウィジェットコード』

<script type="text/javascript" src="http://linkhelp.clients.google.com/tbproxy/lh/wm/fixurl.js"> </script>
<script type="text/javascript">
  var GOOG_FIXURL_LANG = 'ja';
  var GOOG_FIXURL_SITE = 'http://www.example.com'
</script>
<script type="text/javascript"
  src="http://linkhelp.clients.google.com/tbproxy/lh/wm/fixurl.js">
</script>

http://www.example.comは自分のサイトアドレスを指定します。 *1「.htaccess」ファイル .htaccessというファイル名で サーバールート(トップページが置いてある場所)にアップします。 テキストエディタによっては、.htaccessというファイル名で保存できない場合があります。 その場合は、htaccess.txtで作成し、 アップ後にファイル名を.htaccessにリネームしてください。 *2 Googleのアカウントを持っていない場合は、登録した方がよいです〜 「Google基礎:Googleアカウントの作成」 「SEO:XMLサイトマップ作成今日もありがとう♪
スポンサーリンク

SEO:Tips metaタグrobots指定

[SEO:Tips]  2013.12.14 Saturday
ホームページ制作の際、
少し気にした方が良い…(いや、かなり重要な)部分と思われる
head内に記述する項目たち。

キーワードの設定や、 ディスクリプション(サイトの概要)の他に
検索エンジンロボットのクロールに関係する箇所などがある〜
以前、URLの正規化canonical指定というのもありましたが…

今回は、
<meta name="robots" />について
これは、検索エンジンに指示をすることができるタグ。

以下のような指示ができます。

●インデックス(登録)の拒否
<meta name="robots" content="noindex">

●キャッシュの拒否
<meta name="robots" content="noarchive">

●リンク評価の拒否
<meta name="robots" content="nofollow">
 
●そのぺージとリンクしているページ両方拒否
<meta name="robots" content="none">

●ページ内の画像が検索対象となるのを拒否
<meta name="robots" content="noimageindex">

●画像の直リンク拒否
<meta name="robots" content="noimageclick">

●インデックスを許可  
<meta name="robots" content="index">  

●すべて許可
<meta name="robots" content="ALL">  

カンマ区切りで、合わせることも可能
●そのぺージのみ許可、リンクを辿るのは拒否など…
<meta name="robots" content="index,nofollow">  

また、このような指定も可能↓
<meta name="revisit_after" content="7 days">  
検索ロボット再巡回指定…上記だと7日後にクロール依頼  

上記、どれも各ソース(ページ)ごとに記入。

metaタグは、奥が深く…(^_^;
まだまだいろいろな指定ができるのだけれど、
今回は、robots(検索エンジンクローラー)についてでした(^_^)b

>> 大手SEO会社が決して明かさないSEO対策のノウハウ

>>検索順位チェックツールGRC


今日もありがとう♪

SEO:Tips URL正規化・301リダイレクトとcanonical

[SEO:Tips]  2013.06.02 Sunday


前回に引き続き…
サイトを新しく作成した時に、やった方がいいであろう事シリーズ(?)

URLの正規化〜びっくり

何かというと…

wwwの有りと無しや
index.htmlありと無し、
/の有り無し
など↓

http://www.mat-designs.com/
http://mat-designs.com/
http://www.mat-designs.com/index.html
http://mat-designs.com/index.html
http://www.mat-designs.com
http://mat-designs.com

ページ事態は全部、同一ページなのに、
検索エンジンには、すべて違うURLとして扱われてしまう〜
(別々のページとして認識してしまう)
複製コンテンツやミラーサイトだと思われてもなぁ…

ってことを回避するために、
URLを一つに統一させてあげよう!作戦です笑い

●htaccessでリダイレクト
htaccessが使用可能なサーバ(Apacheサーバ)であれば、
↓のように記述して、ルートディレクトリにアップすればOKです〜ニコ

# www無しのURLに統一する場合
RewriteEngine On
RewriteCond %{HTTP_HOST} ^www¥.mat-designs¥.com
RewriteRule ^(.*) http://mat-designs.com/$1 [R=301,L]

# www有りのURLに統一する場合
RewriteEngine On
RewriteCond %{HTTP_HOST} ^mat-designs¥.com
RewriteRule ^(.*) http://www.mat-designs.com/$1 [R=301,L]

上のどちらかを、テキストエディタで記述して、
htaccess.txt
で保存(エディタによっては、.htaccessで保存可能のものもあります)

サーバルート(トップページを置いている場所)にアップロードして、
名称を.htaccessに変更します。

これで、URLはどちらかに統一することが可能〜グー

●<link rel=”canonical”>を記述
htaccessが使えない場合など、もう一つの方法として、
<head>内にcanonicalを記述する方法があります。

<link rel="canonical" href="http://mat-designs.com/">
↑のように記入します〜
但し、こちらは
「優先されるページ」として検索エンジンに「提案する」という
位置づけになっているもよう〜
そして、ページ毎に変える必要があります。

わたしは、いつもhtaccessリダイレクトを使用しています〜やったv

>> 大手SEO会社が決して明かさないSEO対策のノウハウ

>>検索順位チェックツールGRC


今日もありがとう♪