カレンダー

<< May 2018 >>
SunMonTueWedThuFriSat
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

comment

記事検索

favorite



にほんブログ村 IT技術ブログ ホームページ・サイト制作支援へ
にほんブログ村



セシール
ベルメゾンネット

★Yuu*Style〜フリーランスのあれこれブログ♪

古き良き時代の技と偉物に思いを馳せる…

[あれこれ雑記帳]  2013.09.07 Saturday
宮崎駿監督の引退会見がありましたね。


なんとも、切なくもあり…
怖くもなるような、
わたしにとっては、やっぱり寂しい宣言でした。


思えば、わたしが彼の作品に初めて出会ったのは、
当時アニメージュで連載していた「ナウシカ」。
もちろん、アニメではなく、手書きの絵。
付録についていた宮崎原画のハガキセットも(50枚くらいあったのかな?)
綺麗で繊細な(というか細かい)絵が、とっても好きで、お気に入りだった。

アニメは、コナンも赤毛のアンも
そして、カリオストロの城も大好きだった。

映画もスクリーンで必ず観ていたけれど、
子どもがちっちゃい時は、なかなか映画館に足を運ぶことができなくて、
でも、TVやDVDで子どもたちと一緒に何度も何度も観た。

ある時、
スターウォーズ3(確か)と、ハウルのDVDの発売が
同時期であって、
両方とも観たかったので、2つ買って来た。

先にスターウォーズを観て、面白かったな〜と、
引き続き、ハウルを観たのだけれど…

衝撃を受けた(^_^;

なんというか…スターウォーズ、面白かったはずなんだけど…
全然違う。。

何がって、惹き付け方が…
引き込まれ方が;;おもしろさが;;
しばらく、余韻に浸れるしw

わたしが、根っからのアニメ(漫画)好きっていうのもあるけれど…
ナウシカにせよ、ラピュタにせよ、もののけ姫にせよ、
心をグッととらえて、その時間は夢中になれる。

その辺りが、比べものにならないな〜と、
やっぱりすごいなぁ〜とあらためて感じた出来事だった。
(個人の好みの違いもあるかもしれないけれど^^)

宮崎作品は、いろんな批判や、アンチ意見も多いと聞くけれど、
わたしは、な〜んにも考えずに、純粋に観て、
好きだった♪

今回の引退宣言が発表される少し前に、
偶然にも(最近、こういうリンクがやたらと多い…興味のあることを引き寄せる?)、
宮崎監督の過去(5年くらい前かな?)のインタビュー記事の本を読んでいて
いろいろ考え深いなぁ〜
と思っていた矢先だったので…

今回、とても切なかった。

わたしは、デジタル世界で仕事をしているけれど、
元々かなりのアナログ人間なので、
手描きの良さは、今でも、根底にある。

それと、どちらかというと、古い方の(年より的な?)人間で、
だから、時代が変わっていくことの寂しさも、
ちょっとだけだけど、わかったりする…こともある。。

と、今日は、巨匠と呼ばれるおじさんに(失礼)
思いを馳せる日でした。

アナログ好き♪に関しての事は、次回に続くかも…?

今日もありがとう♪
スポンサーリンク
コメント
コメントする